滑らなくてもグラトリが上達⁈スノーボードオフトレ紹介!

スノーボード
お名前.com

どうも、きむです!これから話すことはここだけの秘密に・・・!

今回はスノーボードのグラトリを上達させるためのオフトレについて紹介します!

スノーボードのオフトレって何?

シーズンが終わってしまった…。

でもまだまだ上手くなりたい!

でもシーズン終わっちゃったしどうしよう…。

そんなときはオフトレがいいよ!

スノーボードのオフトレってよく聞くけど何なの?

 

スノーボードのオフトレとは、シーズンが終わってしまい、スキー場で滑れない時でも庭や施設でできるスノーボード上達のためのトレーニングを指しています。

 

オフトレの種類としては

  1. 芝トレ
  2. 筋トレ
  3. スケボー
  4. フリーボード
  5. 屋内外施設でのトレーニング

などなどが挙げられます。オフトレって意外とやっている人が少ないんです。

 

ということは・・・?

 

そう、他のライバルとの差を広げるチャンスでもあり、自分自身のスキルを磨くチャンスでもあるんです!オフトレをやっていたかどうかでシーズンイン時のキレが全然違います。

 

更に!ちゃんとオフトレをやると板の使い方や体の使い方が上達して、前のシーズンよりも成長が格段に上がります!

 

よくTwitterやYouTubeで見かけますが、上手い人はオフトレをやっている・・・!

 

オフトレをするメリット

オフトレをやるメリットって何?

それはね・・・!

ここからはグラトリに特化してオフトレについて触れていきます。

  1. の使い方を学べる
  2. 板に乗る感覚を忘れない
  3. 体幹を鍛えることができる

 

1.板の使い方を学べる

グラトリってみんな最初から滑りながらやろうとしますが、止まっている状態でできなかったら滑りながらなんてできないです。まずは、平地で止まった状態で練習してみましょう。

 

芝トレではグラトリに必要不可欠な板の使い方を学ぶことができ、グラトリの基礎を身に着けるのに最適です。グラトリ上級者はやっている人が多いです。

 

グラトリ上達の近道は『 基礎を身に着ける 』ことが重要なので、芝トレで身に着けることが近道!

 

 

2.板に乗る感覚を忘れない

シーズンが終わって次のシーズンまで何もやらないと、さすがにスノーボードをしない期間が長くなり板に乗る感覚を忘れてしまいます。この感覚を忘れないようにできるのがオフトレのいいところです。

 

 

スケボーではバランス感覚や板に乗る感覚を得られるため、スノーボードに繋がる部分が多々あります。また、芝トレではグラトリの重心移動などについて学ぶことができ、グラトリ上達の近道となります!

 

 

3.体幹を鍛えることができる

スノーボードのオフトレでは体幹を鍛えられるのもメリットです。スケボーや芝トレでは板の上に乗ってバランスをとることによって体幹が鍛えられていきます。

 

グラトリをする上でこの体幹が重要で、体幹が強いとグラトリをやったときに倒れずに粘ることができるようになり、今までなら失敗していた技の成功率を格段にあげることができます!

 

YouTubeなどで上手い人たちのグラトリを見ていると、『それで何故倒れない・・・』って状態の人がいます。あー言った人たちは体幹がバカ強いです。この体幹を身に着けると1つの武器になります!

 

 

グラトリ上達が自宅で出来ちゃう!芝トレ紹介!

オフトレってどこでやるの?

スペースさえあればどこでできる!

ここでは家でできるグラトリ上達トレーニングの芝トレを紹介します。

グラトリ上達に最適な芝トレとは?

まず、芝トレについて説明します。芝トレとは読んで字のごとく、スノーボードを履いて芝の上でやるトレーニングのことを指します。

 

『芝の上で』と言いましたが、芝に縛られる必要はなく家の庭や公園などにマットを敷いてその上で練習するのも芝トレになります。

 

主に外でやる人が多いですが、家の中に広いスペースを確保できるのであれば、中でも芝トレは可能です!スペースさえ確保できればどこでもできるのが芝トレのいいところですね。

 

 

グラトリを上達させる芝トレのやり方

芝トレをやるためには必要な物を準備しよう!では早速芝トレのやり方についてお話させていただきます!

芝トレをするために準備するもの

  1. ブーツ
  2. スノーボード
  3. 動きやすい服装
  4. マット(芝があるなら不要)
  5. ソールカバー(板を傷つけたくない場合)

 

まず、芝トレに使用するスノーボードですが、できればセカンドボードを使うのが一番いいです。

 

芝トレは基本的に板に傷がつかないようにやりますが、マットを敷いても硬いアスファルトの上だったりすると多少傷がついてしまったり、芝の上でも板が汚れてしまったりするので、今後使用しないであろう板を使ってやるのが無難です!

 

 

また、板を傷つけたくない場合はソールカバーを付けたままやるのもありです。ただし、エッジを立てすぎるとソールカバーが破ける可能性ありなので注意が必要です!

 

 

用意するマット

マットは正直安い物でも全然OKです。私なんかは100均とかに売っているフロアマットを何枚か買って使ったりしています。

ヤトミ ごろりんマット 厚10 36枚セット コーナーマット付き フロアマット 【厚さ10mm】 ジョイントマット

 

その他には大きめのラグなんかでも代用できます!

 

いらなくなったものがあればそれでもいいでしょう!

 

 

ソールカバー

ソールカバーは人によりけりですが、家の中でやったり板を傷つけたくないって人は使うのが無難です。マットなどの上でやるにも滑りは悪くないので、別にそれほど邪魔にはなりません。

 

家の中では何かに当たってしまったときなどに、大丈夫なようにカバーを付けたりします。めっちゃ部屋が広ければ気にしなくてもいいんですけど、なかなかね・・・。

 

ソールカバー自体はそれほど高くないのでこの際に揃えておくといいですね。

 

 

グラトリ上達 芝トレ方法

では芝トレ方法についてお話していきます。

芝トレを行う場所にマットを引いて板を装着して準備完了!

 

STEP1 テール/ノーズマニュアル

まずは、体重移動をして板にのる感覚を身に着けます。

このテール/ノーズマニュアルが一番基礎となるのでまずはここから始めます。

 

テールマニュアル

まずは、滑るときに後ろ足になる方に重心を置き、このような体制を作ります。これがテールマニュアル。よく『 テールプレス 』と呼ばれるものです。

 

プレスのポイントとしては『 重心は板の上 』ということです。この重心が板の外になるとバランスがとれず転んでしまいます。

 

この体制になって10秒くらいキープできるようにしましょう!

 

ノーズマニュアル

今度はそのまま逆足に重心を移します。このような体制を作り、テールマニュアル同様に重心は板の上に置きバランスを取ります。

 

このテールマニュアル→ノーズマニュアルの流れを繰り返し行い、『 板に乗る 感覚』『 重心の位置 』をつかみましょう!

 

STEP2 オーリー180

次は回転を入れていきます!回転を入れ込むためには上半身の先行動作が重要となってきます。

 

流れのイメージは

膝を曲げて溜めを作る➡上半身を先行して回す➡上半身先行したままジャンプ➡着地

という感じです。

 

最初は両足ジャンプでもいいので上半身の使い方を覚えましょう!ポイントは上半身を先行させれば下半身が勝手に回転してくるということ!これに慣れてきたらレベルアップ!

 

 

オーリーは滑ってる時の前足から上げて後ろ足で踏み切って跳ぶ技なので、今の流れの中に組み込んであげましょう!

 

他の芝トレも含め動画で配信しているので👇を参考にしてください!

スノーボード芝トレやってみた!【オフトレ】【グラトリ】2018

慣れてくるとやりたい技の練習を取り入れていくのがいいです!コツを掴むのには芝トレが持ってこいですね★

 

 

スノーボードのオフトレには筋トレも有効!

何故オフトレに筋トレがいいのかというと、上でも述べたようにグラトリをするのに体幹が必要となるからです。

 

これは筋トレでも鍛えることができますので、オフトレの1つとしてやりましょう!

【 グラトリに役立つ筋トレ 】

  1. スクワット
  2. 腹筋/背筋
  3. フロントブリッジ

ここら辺を重点的にやればスノーボードに必要な体幹が強くなります。

 

 

1.スクワット

スノーボードに必要な足回りの筋肉を強化!スノーボード、特にグラトリをやるのであればジャンプすることも多いため、足回りの筋肉が必要になってきます。

 

また、スクワッドの1部の姿勢はスーボードの滑る姿勢に近いため、スノーボードで滑っているときに必要な筋肉を鍛えられるのがポイントです。

 

スクワッドで重要な乗ってお尻を突き出さないだったり、つま先を膝より前に出さないなどがありますが、それってボードの姿勢にも近くて要するに重心は真っ直ぐ真下に落としてあげることが大切なんです!

 

 

2.腹筋/背筋

スノーボードグラトリで重要な動きとなるのが腰を軸にした上半身と下半身の捻る動きです。この動きができるかどうかはお腹周りの体幹の鍛え方によってかなり変わってきます。

 

 

この体幹を鍛えることによって回転運動に必要な力がアップしたり、跳んだあとのバランスが取れたりと恩恵があります。

 

また、背筋はジャンプに必要な体を引き上げる力にも利用されるため、鍛えておくとオーリーが高く跳べたり、いつもなら転ぶはずの体制でもなんとかこらえられたりといいこと尽くし!

 

お腹なんかは鍛えておけば、夏の海でも披露できちゃうんで一石二鳥ですよ♪(重要)腹筋ローラーもオススメで体幹を鍛えるのにもってこいです!

 

詳細は👇こちら👇の記事で書いているので参考に!

記事:【ここだけの話】腹筋ローラーって効果ない?それともバキバキに腹筋割れる?

 

 

3.フロントブリッジ

これは体幹トレーニングとしてよく取り入れられてますね。体に芯を作るトレーニングとして優秀です。

 

回転系のトリックをしたときに芯がしっかりしていると、軸がブレずコマのように回れるため高回転を狙えますよ!

 

スノーボードグラトリオフトレの振り返り

ここまでの内容をまとめると

【 オフトレのメリット 】

①板の使い方を学べる

②板に乗る感覚を忘れない

③体幹を鍛えられる

他の人に差をつけるにはオフトレが最適!

 

後は必要な物を準備してレッツトライ!

【 芝トレ準備するもの 】

①ブーツ

②スノーボード

③動きやすい服装

④マット

⑤ソールカバー

 

簡単に揃えられるものだけでも芝トレはできるので揃えちゃいましょう!

あとは上で紹介したように技の練習するだけ!

 

【芝トレのポイント】

①重心は板の上に置くこと!

②しっかりと板に乗る感覚をつかむこと!

③体の捻りを覚えること!

 

そして、何も使わなくてもできるオフトレは筋トレ!!

体幹を鍛えることができるし、良い体を作れるのでオススメ!

 

【筋トレメニュー】

①スクワット

②腹筋/背筋

③フロントブリッジ

 

これら以外にもオフトレに向いている筋トレはたくさんあるので、色々と挑戦してみましょう!

もっと上達したい人は👇記事も読んでみてください!

 

記事:スノボ初心者でもグラトリマスターになれる?グラトリ上達法教えちゃいます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました