【株の季節関連銘柄】この季節に伸びる銘柄はこれだ!

お名前.com

日本には春夏秋冬と四季があります。その季節ごとに旬な食べ物や行事などがありますよね。

それに関連して、株にも季節ごとに注目・人気となる銘柄があります。そんな株を把握しておきましょう!

株の季節関連銘柄

株の季節関連銘柄|春

みなさんはというと何を連想しますか?

入学・入社、卒業、花見、ゴールデンウィークなどたくさんありますね。

それにあわせて連想されるものは何でしょう?

そんなイベントに関連する銘柄をご紹介します。

春関連銘柄

スーツ・制服

青山商事(8219)

青山商事は紳士服業界首位の企業です。CMなどもやっておりおそらく知らない人はいないでしょう。

スーツを専門的に扱っているため、春の入学・入社には利用が増え注目が集まります。

2019年11月現在では業績が伸びず、下降トレンドとなっています。一見悪い株に見えるかもしれませんが、業績が戻ってくれば一気に跳ねる可能性ありです。

今後の動向に注目しましょう。

その他の関連銘柄

AOKIHD(8214)、コナカ(7494)、三陽商会(8011)

 

旅行・レジャー

H . I . S(9603)

H.I.Sは、旅行会社大手になります。格安での国内・海外のツアーもあり、数多くの人が利用しています。

ゴールデンウィークなどの長期休暇時は旅行する人も増え、需要が高まります。

チャートから上昇トレンドなのか下降トレンドなのかも読み取りやすいので、売買タイミングを見極めて買えばプラスにしやすい銘柄でもあります。

関連銘柄

オリエンタルランド(4661)、セントラルスポーツ(4801)、富士急行(9010)

 

株の季節関連銘柄|夏

夏関連銘柄

といえば、海、海、海!ということで紹介します!

水着関連銘柄

ミズノ(8022)

スポーツ用品大手で、水着だけでなくスポーツ用品全般を扱っています。

もちろん水着・競泳も扱っており、スポーツをやっている人にとってはご用達の企業ですね。

これから日本ではオリンピックも控えているので、スポーツ用品などにも注目が集まりやすい!

2019年11月時点での業績は前年対比で増加する見込みとなっており、オリンピックと絡めて今後の株価に注目です。

 

関連銘柄

アシックス(7936)、ゴールドウイン(8111)、デサント(8114)

 

株の季節関連銘柄|秋

といえば、紅葉ですね。鮮やかにそまった紅葉を見に行きたくなりますね。

秋関連銘柄

紅葉シーズン

東日本旅客鉄道(9020)

鉄道会社の中でも最王手の企業になります。

首都圏・東日本を地盤としており、紅葉シーズンになると紅葉めぐりなどの列車でいく秋の旅行商品なども販売しており、紅葉シーズンを楽しむにはもってこいのイベントを行っています。

売上高も右肩上がりを続けており、今後の伸びにも期待大です。

関連銘柄

西日本旅客鉄道(9021)、東海旅客鉄道(9022)、東武鉄道(9001)

 

株の季節関連銘柄|冬

といえば、、、寒い!!!ですね!!!クリスマスですね!!!

そんな冬に関連する銘柄は・・・!?

 

冬関連銘柄

寒い時期の銘柄

ブリヂストン(5108)

ブリヂストンは、タイヤ販売で世界首位を誇る大手です。そんなのみんな知っていますね。

車離れも叫ばれ、2019年12月期は業績的にも伸び悩んでいますが、冬にはやはりスタッドレスタイヤが必須ですね。

ブリヂストンといえばなんといっても大企業なので、倒産のリスクが低いのが見どころ。つまり、株価が下がったとしてもまた上がってくる可能性が高い!

今後の天候と絡めて注目するに値するかと思います!

関連銘柄

東洋ゴム工業(5105)、横浜ゴム(5101)

 

クリスマス関連銘柄

タカラトミー(7867)

玩具関連の大手企業!クリスマスには子供向け玩具で売り上げが上がります。

2019年11月時点での株価は上昇傾向にあり、クリスマス前の調整が伺えます。

株価的にも手が出しやすい銘柄でもあるため、頃合いを見計らっての購入を考えるのもありかもしれませんね。

ただし、業績的には進捗が今一パッとしない状況ですので、トレンドの見極めが大切ですね。

関連銘柄

【注目】バンダイナムコホールディングス(7832)、ハピネット(7552)、SKジャパン(7608)

 

株の季節関連銘柄|まとめ

旬な銘柄を活かす

ここまで、季節ごとに旬な銘柄を紹介してきましたが、旬な銘柄はその季節が近づくと上昇トレンドに移りやすいです。

その変わり目を見抜いて買えれば、プラスになっていく可能性ありです。しかし、悪材料などには注意してください。

また、それ以外の季節では思ったように株価が伸びない可能性も孕んでいるので注意が必要です。

季節の銘柄を抑えて、季節ごとにチェックすることによって勝率も上がってくるので上手く利用しましょう。

 

季節銘柄+注目の銘柄などの組み合わせで売買ができると、季節銘柄で安定する可能性があるので、最悪注目銘柄が下がっても相殺できたりもするので季節銘柄の使い方次第では、取引方法も幅広くなります。

 

是非、把握しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました