【株初心者指南】株式投資のメリット・デメリットについて解説!

お名前.com

あなたは『株』と聞いたときにどんなイメージを持っていますか?

損をしたらどうしよう、借金まみれ、周りからはやめた方がいいと言われるなんて考える人もいるでしょう。

でも、ほんとはどうでしょう?

中には株で生活している人もいて、何千万という金額を稼いでいる人もいます。

まずは、そのイメージが本当にあっているのかどうかから考えてみましょう。意外とイメージが変わっちゃったりして…?

 

株式投資をやるメリット・デメリット

株式投資をやるメリット・デメリット|はじめに

みなさんは投資に対してどういった印象を持っていますか?上述したように損をしたらどうしようなどマイナスな面しか見ていませんか?

たしかに投資はやり方を誤れば危険です。あっという間に損益が膨らんだりします。

しかし、その分やり方を覚えてしまえば心強い味方です。そんな株式投資のメリットデメリットをここで理解しておきましょう。

 

株式投資をやるメリット

投資にはもちろんメリットがあります。

≪メリット≫

  • 資産を増やせる可能性がある
  • お金に関する知識を得ることができる
  • 時間を手に入れることができる
 

株で資産を増やせる可能性がある

投資をするにあたってみなさんが一番考えることですね。みなさんもご存じの通り投資をすると資産を増やせる可能性が大いにあります

銀行に預けておいても金利はたかが知れています。利率としては0.010%くらいの銀行が多いですかね。

0.010%というと100万預けてやっと100円になる程度です。(中には0.20%とかもありますが、それでもですね。)

 

将来的に物の価値が上がっていくのに対し、銀行に預けておいてもほぼ金額は変わらないため、お金の価値がどんどん下がっていってしまいますつまり損をしているのです。

それに対し、投資では預貯金を有効活用して資産を形成していきます。株の中には価値が10倍にもなるものもありますそれを保持していれば資産も10倍!銀行に預けておくのとは雲泥の差ですね。
 

お金に関する知識を得られる

株式投資をしていると世界情勢や国内のニュースなどに敏感になります。

どういったイベントで株価が上がったり下がったりするのか、どのようにお金が動いているのかなどを学べます。

株価が伸びている企業はどういった企業なのか、その企業は何で成長できているのか、そして何故そこにお金が集まっているのかなどを株を通して知ることができます。

つまり世の中の情勢が分かり、どういったことをやるとお金が動き、集まるのかを学べます

 

また、投資はギャンブルだと勘違いしている人がいますが違います。

ギャンブルは0か100かといった感じですが、株はリスクヘッジさえ覚えれば0になることはありません。投資=ギャンブルではないことを覚えておいてください。

 

時間を手に入れることができる

まず、理解しておいて欲しいことは、人生において一番大切なのは『時間』であるということです。

多くのサラリーマンの収入は労働収入です。自分の時間を会社に売って働くことによってその対価として給料がもらえます。

しかし、投資は違います。自分自身はお金のために働きません。稼ぐためにお金が働いてくれます。

つまり、自身は遊んでいても、寝ていてもその間お金がせっせと働いてくれるんです。ということは、その浮いた時間を自分の時間として使える。

映画を見るもよし、旅行に行くもよし、勉強するもよし。でもこれらはすべて『時間』があるからこそできることなんです。

≪例えば≫

あなたはA社の株を1株1万円で買いました。買った後はあなたはアニメを見ながらゴロゴロして、あっという間に3時間が経ちました。そこで、買った株をのぞいてみると、なんと1万2千円になっていました。

この例では、あなたは株を買ってゴロゴロしていただけですが、その間投資したお金が働いてくれ、1時間で2000円の利益を出しました。

お金が働くとは、あなたが力仕事をしたり接客をしたりしてお金を稼ぐのではなく投資したお金があなたの代わりに働いてお金を生んでくれるのです

この知識を得て実践することが、暮らしを豊かにするのにかなり重要です

 

別に働きながら投資をすることもできます。

仕事前に投資を行い、仕事の隙間時間を使って利益が出たところで売る。まさに私は今このやり方で投資を行っています。

要するに今私の収入は”自分の労働による収入+投資による収入”となっています。

 

ロバート・キヨサキ氏が書いた世界的に有名な本である『金持ち父さん貧乏父さん』では、投資家になるメリットをEクワドラントを使って表しています。(⇩はクワドラントの絵)

従業員 ⇒ 自営業 ⇒ ビジネスオーナー ⇒ 投資家

のように従業員から抜け出して右下の投資家に辿り着くことが
重要であることを謳っています。

投資以外にも、お金の本質などが分かりやすく書かれており、『お金の本質』を理解できる素晴らしい1冊となっています。

お金を稼ぎたいという人は、まずこの『お金の本質』を学ぶことから知ることをオススメします。

 

 

株式投資をやるデメリット

投資にはメリットがあればもちろんデメリットもあります。

投資をするのであればしっかりデメリットも理解しておきましょう。

≪デメリット≫

  • 資産が減る可能性がある
  • 知識が必要となる
  • 大きな利益を出すにはそれなりの資金が必要

株で資産が減る可能性がある

投資は資産が増える可能性もありますが、もちろんその反面減る可能性もあります買う株を見誤るとあっという間に株価が暴落し、挙句の果てには会社が倒産なんてこともあります。

そのため、投資を行うにはリスクはつきものです。しかし、分散して投資を行うことによってそのリスクはある程度回避できます

また、知識さえつけてしまえば倒産するほど悪い株を買ってしまうこともありません。

ただし、リーマンショックのような世界的に不況となると損する可能性は大きいですね。

 

株は知識が必要となる

正直最初はどの株を買っていいか分かりません。なんの知識も持たずに投資を始めると、買うタイミングも売るタイミングも分からず損益が膨らむ可能性が高いです。

こんなことを言っている私も最初はー10万円位までいきました。ただし、私はそこで株を売りませんでした。

株は上下変動をするものなのでよっぽど悪い株でなければまた上昇してきます。その通りにー10万円まで下がっていた株はたちまち上昇し、プラスにまでなりました。

つまり、投資ではこの後上がるのか下がるのかの見極めが重要です。

関連記事:株は儲けられる?-株を始めて約半年の戦績ー

 

本の知識だけだと、損切を薦めているので下がったら売るといった流れで、損益ばかり増えていってしまう可能性があります。

マイナスのニュースが出たときは中々株価は戻ってこないので損切をオススメしますが、ただの株価の変動くらいであれば下がってもまた戻ってくるので私は待つようにしています。

 

大きな利益を出すためにはそれなりの資金が必要

投資のいいところは少額からでも始められるところですが、やはり大きい利益を出すためにはそれなりの投資金額が必要です。

 

≪例≫

株価が10%上がったとしても投資している金額次第で利益が全然違いますね。

〈1万円投資している場合〉 10,000 × 110% = 11,000 ⇒ 1000円の利益

〈100万円投資している場合〉 1,000,000 × 110% = 1,100,000 ⇒ 10万円の利益

投資金額が1万円か100万円かで利益に9万9千円も差が出ます。

これからも分かるように大きい利益を出すにはそれなりの投資金額が必要となります。

ただし、少額から始めてコツコツと資産を増やしていき、結果的に大きい金額で取引できるようにすることもできます

 

株式投資をやるメリット・デメリット|まとめ

ここまで株式投資のメリットデメリットについて紹介しました。

資産を積極的に増やしていきたいという方には是非ともオススメです。

将来的に年金ももらえるか分からない時代です。自分の老後のためにも資産を増やしておきましょう!

もちろんこの記事を読んでリスクの方が高いと感じた方はやらない方がいいでしょう。

結局は自分のやる気次第です。自分でやりたいと思えなければ知識も中々つきませんし、知識がなければ損をするリスクが高まります。

現在と将来の自分と相談してやるかやらないか考えてみてください。

関連記事:【資産形成の極意】20代サラリーマンでも株式投資は始められる!! 

関連記事:株式投資でSBI証券がオススメ(人気)な理由 

コメント

タイトルとURLをコピーしました