【株初心者指南】四季報を使った銘柄の選び方!株は情報が命

お名前.com

株をやる上で一番大事になるのが株選びです!そして選ぶために一番大切となるのが情報収集です。

情報を集められるかどうかで利益を出せるかどうかの分かれ道に。

四季報を使った銘柄の選び方

四季報を使った株銘柄の選び方|株の種類

株で儲かるためには情報収集が一番大切です。買う前にそこに時間をかけて選ぶことが一番大切!

株の状態は以下の三種類に分けられます。

  1. 成長株
  2. 割安株
  3. 復活株

それぞれどんな株なのかしっかりと理解しておくことが大事です。

成長株

売り上げや会社の利益が年々増加していて、今後も増加が見込まれる株のことを指します。要するに業績が右肩上がりに伸びている株です。

成長株はしっかりとしたタイミングで買うことができると、大きな利益が期待できます。

 

割安株

企業の価値と比較して、株価が割安になっている企業の株を指します。何かをきっかけに株が売られすぎてしまうことによって割安株になります。

本当は1株3000円の価値がある銘柄なのに、売られすぎて1株2000円にまでなることがあります。

そういった株は割安株と呼ばれ、買いのチャンスになります。

ただし、そこまで売られるということは何かしらの理由があるので、その後株価が上がってくるまでに時間がかかる場合が多いため注意です。

上昇トレンドに入るタイミングで購入できると、かなりの利益を期待できます。

 

復活株

業績が赤字でどん底の株が、名前の通り不死鳥のようによみがえる株を指します。

赤字で倒産しかけていた会社が黒字に転換し、見る見るうちに成長していく株になります。

こういった株は、多くの人が見切っていたりするためかなりの安値で買うことができます。

ただし、赤字企業のため見誤ると倒産という可能性もあるため注意が必要です。

その会社独自の製品や技術など何か話題となるニュースや上昇の兆しがあると大きく変貌を遂げるので、ニュースや情報には敏感になりましょう!

 

四季報を使った株銘柄の選び方|四季報

会社四季報は企業の情報を一番得ることのできるツールなので使いこなしましょう!

会社四季報とは?

会社四季報とは、その会社の事業内容、最近の概況、業績、財政状態などの株を買うにあたって役立つ情報がまとまっているものになります。

四季報は毎年3月、6月、9月、12月のそれぞれ中旬頃に発行されます。

情報を集めるためには重要となるツールなので、しっかり見方を覚えてください!

 

四季報から情報を読み取る

四季報は、その企業がどんな企業なのかその概要を調べたり、自分が買う銘柄を決めるために多くの個人投資家が用いている必需品になります。

ここからは成長株割安株の探し方に絞って説明します。

成長株を探す

株価は過去の業績を織り込むのではなく今後どうなっていくかという将来の業績を織り込んで変動していきます。

四季報からはその企業が立てている将来の業績予想を知ることができます。銘柄を選ぶにあたってかなり重要となる情報なので注目です。

見るべき場所としては赤枠で囲った会社四季報の財務状況を見ます。

ここで売上高や経常利益が年々上がっているのか(成長株なのか)を見極めます。

過去3年が右肩上がりに上がっているのか、そして将来の予測も上がっているのかに注目をしてみます。

注意点としては、あくまで将来の予測なので今後下方修正がされたり逆に下がる予測だったのが上方修正されることがあります

 

割安株を探す

割安株を見つけるためには、PER・PBR・といった株価指標を使って探します。

PER(株価収益率)とは

その企業の株価が1株当たり当期純利益の何倍まで買われているかを表します。

PERの値が低いほど株価は割安となっており、下記式で求めることができます。

一般的に10倍以下なら割安とされています。逆に15倍以上だと割高だと言われています。

PBR(株価純資産倍率)とは

株価が1株当たり純資産の何倍かを表す指数で、下記式で表されます。

1倍を割り込むと株価は割安とされています。1倍以上になると割高とされます。

 

四季報を使った株銘柄の選び方|銘柄選定

紹介した情報を基に投資する株を選んでいきます。

成長株から選定

上であげた四季報を参考にして成長株かどうかを判断する。

また、スクリーニングを使って探すこともできる。

スクリーニングとは?

色々な条件をつけることによって数多くの株の中から条件を満たす株を絞り込むことを指します。

注意点として成長株は長期的に持つことによって大きな利益を出すことができますが、選定を間違えて投資先を誤ると大きな損益となる可能性もあります

 

割安株から選定

上で紹介した割安株の探し方を使って割安株を探します。こちらもスクリーニングを使って探すことができます。

注意点としては割安株の購入であれば一気に株価が下がる可能性は少ないため利益を出しやすいですが、注目度がその分低いためいつ株価が上がってくるかが分からないから時間がかかる可能性があるので注意が必要です。

 

四季報を使った株銘柄の選び方|まとめ

ここまで株の選び方について説明させて頂きました。参考程度にですが私の投資方法も載せておきます。

  1. 割安株を見つけるためにスクリーニングを行う
  2. スクリーニングした株の中から成長株を探す
  3. 2で絞った中からチャートを見て反発している株を探す
  4. 株価を見ながら安値の時に投資

以上が私の投資方法です。参考になれば幸いです。以上、投資する株の選定方法でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました